So-net無料ブログ作成
検索選択

<民・自マニフェスト比較>政策差、見えにくく(4) 外交(毎日新聞)

 ◇両党とも「日米」前面

 日米関係では、民主、自民両党とも「日米同盟の深化」を掲げ、日米基軸外交を前面に打ち出している。

 民主党は、「脱米路線」から米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)で迷走した鳩山前政権の教訓を踏まえ、「現実主義を基調」とする外交へと転換した。「日米合意に基づいて沖縄の負担軽減に全力を尽くす」と明記し、衆院選公約にあった「在日米軍基地のあり方の見直し」を消した。

 ただ「緊密で対等な日米関係」「日米地位協定の改定」「東アジア共同体」の項目は残っており、「同盟深化」協議の中でどう位置付けるかが焦点となる。

 自民党は「強固な日米同盟の再構築」を掲げ、普天間問題では「地元の負担軽減を実現する在日米軍再編を着実に進める」とし、両党の差異は縮まった。ただ、民主党内は憲法改正などで温度差があり、自民党は集団的自衛権への取り組みを明記し独自色を出している。

橋下「維新の会」、大阪市議7人に 自民また1人離団(産経新聞)
<東京メトロ東西線>車両から煙 一時、運転を見合わせ(毎日新聞)
「父親に贈りたい言葉」「娘に言われたくない言葉」は何ですか?(Business Media 誠)
イネ開花期の仕組み解明=日が短くなると抑制解除―農業生物研(時事通信)
オウム進出阻止に700人=新拠点警戒、住民集会―東京・足立区(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。