So-net無料ブログ作成
検索選択

首相との面会要求=共同声明に抗議―徳之島3町長(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、鹿児島県・徳之島の3町長が、日米共同声明に訓練移転先として徳之島が明記されることに抗議するため、鳩山由紀夫首相との面会を首相官邸に申し入れていることが27日、分かった。大久保明伊仙町長が明らかにした。
 大久保町長は同日、「はっきり(反対と)申し上げないといけない。総理は民意を大事にするとおっしゃっていたはずだ」と強調した。 

【関連ニュース
「総論賛成、各論反対」露呈=普天間問題の見解集約で
「首相発言」で調整=対処方針、28日決定
鳩山首相、訓練受け入れ要請=鹿児島・伊藤氏「島民は反対」
福島氏の理解得るよう努力=首相、普天間移設で
社民、対処方針への署名拒否=政府は「首相発言」も検討

「不関与・疑惑なし」が明確に=小沢氏が不起訴処分でコメント(時事通信)
未感染でも強制殺処分可能に、口蹄疫特措法成立へ(読売新聞)
パチンコ店に強盗、70万円奪う 群馬・桐生(産経新聞)
JR草津線で車両が倒木と接触…けが人なし(読売新聞)
フレパー社長を任意聴取へ=「ビズ」関係捜査、仮想空間投資―埼玉県警(時事通信)

<口蹄疫>早期から拡大か 3月には水牛に症状 宮崎(毎日新聞)

 宮崎県で家畜伝染病、口蹄疫(こうていえき)の感染拡大が深刻化している。感染確認・疑い例は、17日午後6時現在で111例。それらと同じ畜舎にいたなどとして処分対象になった家畜は、計8万5723頭(牛など8212頭、豚7万7511頭)に上る。10年前に宮崎県と北海道で発生した際の処分数は牛740頭で、100倍以上になった。なぜ感染は拡大したのか。政府の対応に問題はなかったのか。

 1例目の感染疑い例が確認される11日前の4月9日。宮崎県都農(つの)町の農家で、口内がただれた牛1頭が見つかった。県は獣医を派遣したが、症状は軽く、他に症状のある牛もいなかったことから、口蹄疫とは考えにくいとして「経過観察」とされた。

 ところが、16日になって、他の牛にも症状が出始めた。検査の結果、経過観察していた牛を1例目と確認。農水省職員は「1例だけで、見抜けなくても仕方なかった」と同情するが、対策がとられないまま10日以上が経過し、初期の封じ込めに失敗した。

 感染はそれ以前から広がっていた疑いもある。都農町の別の農場で3月、水牛に風邪のような症状が出た。農場側は風邪と判断したが、検体を採取して保存。口蹄疫が問題化した4月になって分析したところ、陽性と判明し、6例目の感染確認例となった。県は3月には既にウイルスが県内に侵入していたとの見方を強めている。

 今回のウイルスは、香港や韓国で今年発生したものと遺伝子配列が酷似している。感染力が強いとされることに加え、豚に感染が広がったことも、発生が収まらない一因とみられる。豚は牛に比べ、ウイルスの増殖が激しいとされるためだ。

 一方、政府は4月20日に感染疑い例が発見された段階で農水省に対策本部を設置し、関係省庁との連絡会議も設けた。しかし、赤松広隆農相が大型連休中に海外出張して現地入りが10日にずれ込んだことなどに、地元などから「対応が遅い」との不満が高まった。赤松氏は11日の記者会見で「やるべきことは全部やってきた」と強調したが、野党は「政府の初動態勢が極めて不十分で被害が広がったのではないか」(谷垣禎一自民党総裁)などと批判を強める。

 こうした中、平野博文官房長官が16日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県)の移設問題に絡んで出張していた鹿児島市から急きょ宮崎県に向かい、東国原英夫知事と会談。帰京後すぐに首相公邸に赴いて状況を報告した。

 鳩山由紀夫首相は17日、約1カ月経過してから政府対策本部に格上げしたことに関し、「風評が立つと農家が困る状況があった。政府は十分にことを運んできたが感染が拡大し、県民、国民に正確に事実を知っていただくことがより重要だと判断した」と説明した。【佐藤浩、石田宗久、山田夢留】

 ◇ことば 口蹄疫

 牛や豚のような前後の足の指が2本、4本と偶数の動物(偶蹄類)に感染するウイルス性の伝染病。口の周辺やひづめに水ぶくれができる。発熱や多量のよだれ、食欲減退などの症状が出て衰弱する。感染力が極めて強く、水ぶくれの液や排せつ物に含まれるウイルスに触れると感染する。人にはうつらず、感染した動物の肉や乳を口にしても感染しない。家畜の安全基準を決める国際機関「国際獣疫事務局(OIE)」によると、口蹄疫ウイルスがない「清浄国」は約50カ国。日本は00年に発生後、半年ほどで制圧に成功し、清浄国に復帰していた。

【関連ニュース
口蹄疫:対策を関係閣僚に要請 平野官房長官
口蹄疫:宮崎の2市町で新たに確認 35例目
口蹄疫:種牛も感染疑い 初の殺処分へ
口蹄疫被害:横峯さくら選手、賞金寄付継続へ
口蹄疫:殺処分埋設に16ヘクタール必要…農水省

<民主党>沖縄の参院選統一候補断念…「普天間県内」が影響(毎日新聞)
<ブロッキング>プロバイダーなど4社 自主的に実施を表明(毎日新聞)
「みんなが顔を見るぞ」と脅し 性犯罪、被害者保護に課題 (産経新聞)
巨大温度計 最高気温45度までOK 埼玉・熊谷に設置(毎日新聞)
福田元首相「輿石氏こけたら、小沢さんは、やりようなくなる」 (産経新聞)

熱中症で男児死亡、母親を逮捕=車内に放置しパチスロ―高知県警(時事通信)

 高知市内の駐車場に止めた乗用車内に男児を3時間半放置し熱中症で死なせたとして、県警高知署は13日、重過失致死容疑で母親の山崎ひかり容疑者(26)=同市桟橋通=を逮捕した。同署によると、同容疑者はこの間、パチスロをしており、「間違いありません」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、12日午前11時15分ごろ〜午後2時45分ごろ、同市東雲町のパチンコ店駐車場で、生後6カ月の長男隼ちゃんを乗用車のチャイルドシートに座らせたまま放置し、熱中症で死亡させた疑い。
 エンジンを切り、窓を閉め切っていたという。 

【関連ニュース
4歳児虐待死の母に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判
市に3300万円賠償命令=保育所の男児、熱中症で死亡
4歳児虐待死、義父に有罪=神戸地裁支部の裁判員裁判

<火災>民家全焼 68歳男性死亡か 神奈川・海老名(毎日新聞)
豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
【土・日曜日に書く】ワシントン支局長・佐々木類 「ルーピー」と書かれた首相(産経新聞)
<人事>最高裁(6日)(毎日新聞)
陸山会事件 石川議員「形式犯」主張 毎日新聞単独取材に(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。