So-net無料ブログ作成

宮崎の優良種牛5頭「異常なし」=国も生き残り容認へ―口蹄疫問題(時事通信)

 宮崎県は6日、口蹄(こうてい)疫の発生後、国の特例措置で同県西都市に避難・隔離していた県家畜改良事業団(高鍋町)の優良種牛5頭について、精密な血液検査の結果、異常が見られなかったと発表した。5頭は5月22日から2週間にわたって続けた毎日の遺伝子検査でも「陰性」が確認されており、国も殺処分せず種牛としての延命を認める見通しだ。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
雇用助成金に特例措置=口蹄疫発生の農家限定
口蹄疫対策に万全を=菅新首相誕生で
交代でけじめ付けたい=口蹄疫拡大を陳謝

<殺人再現実験>捜査員が振り落とされ役 スタントマン断念(毎日新聞)
<岡本倶楽部事件>弁護士会が電話相談と被害者説明会開催へ(毎日新聞)
<ギャラクシー賞>発表と贈賞式行われる(毎日新聞)
<実物大ガンダム>6割完成 新たに「ビームサーベル」持ち(毎日新聞)
3歳長男に暴行、容疑の母親逮捕(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。